ピラティス

ピラティスとは?

 ピラティスとは、ドイツ人のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏(Joseph Hubertus Pilates ,1883-1967)によって考案されたボディワークの1つです。このボディワークは、もとはコントロロジー(コントロールする学問 : Control + logy)と言われ、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリ法(身体を動かす体操など)として始まりました。最近では、フィットネスジムでグループレッスンや、ピラティス専門スタジオでパーソナルレッスンなども受けることができるようになり、日本でも馴染みのあるものになってきました。

 ピラティスは、ムーブメント(身体を動かす)を通じて、自分の動きを感じ取り、頭でイメージした通りに心身をコントロールしながら動いていくボディワークです。様々な意識を送りながら全身を動かしていくうちに、自然と体幹部の筋肉やインナー筋が活性化されたり、姿勢が良くなっていったり、効率的で負担のない動きを身につけたりすることができます。また、ピラティスでは独特な呼吸法を行なっていくため、腸の活動が促されたり、自律神経の働きが調節されたりと様々な効果も期待できます。

 ピラティスにはマット上で行うマットピラティスと、マシン(リフォーマー、チェアー、キャデラック、スパインコレクター、ラダーバレルなど)を使って行うマシンピラティスがあります。
 マットピラティスは、マットさえあればいつでもどこでも行えるので、初めての方でも始めやすく、生活習慣の中に取り入れやすいのが特徴です。

 マシンピラティスは、リフォーマーやチェアーなどのマシンがないと行えないですが、マットで出来なかったムーブメントを補助して行いやすくしてくれたり、マットでは強度が弱かったムーブメントに負荷を与えて筋を活性化してくれたりもできます。

リフォーマー(ピラティスマシン)

 リフォーマーは、ベッド状の形をしたマシンで、キャリッジと言われる台が横にスライドして動きます。キャリッジにはスプリング(バネによる抵抗)やロープ(キャリッジを動かすヒモ)が付いており、スライドに負荷や補助を加えることができます。キャリッジの上に、寝たり、座ったり、膝立ちになったり、立ったりしてピラティスを行います。
 リフォーマーは、ピラティスマシンの中でも一番有名で、使用される頻度も多いマシンです。ムーブメント(身体を動かすこと)の種目数も1番多く600種類以上あり、様々な刺激を身体に与えることができます。エロンゲーション(身体を伸ばす感覚)が得やすく、姿勢改善効果が高いのが特徴的です。

 チェアーは、イス状の形をしたマシンで、スプリング付きペダルがくっついています。このイスの上に立ったり、座ったり、寝たりしてピラティスを行います。日常生活動作やスポーツ動作に近いムーブメントが多く、身体に負担がかかりにくい効率的な動きを身につけるのに効果的です。

どんなことするの?

リフォーマー
リフォーマー
チェアー
チェアー
タワー

こんな方にオススメ!

  • 負担のかかりにくい身体の使い方を覚えたい!
    (腰痛の再発予防など)
  • インナーの筋肉を鍛えて身体を引き締めたい!
  • 綺麗で美しい姿勢になりたい!
  • スポーツ動作を上手にしたい!
    (パフォーマンスアップ、ケガ予防)

タイトルとURLをコピーしました